着物を着る機会が少ないからこそ、着付けができる人は必要とされる。


日本文化の代名詞とも言える着物だが、だんだんと着物を着る機会は少なくなってきている。
成人式や結婚式ぐらいではないだろうか。
それだけ着る機会が少ないということは、着付けができる人も少ないということ。
着付けを覚えなくてもプロにお願いすれば不自由はない。
しかし、日本人の民俗衣装と言ってもいい着物だ。
そう考えると自分で着ることができないのが恥ずかしい事のように思えてしまう。
そう考えると着物の着付けができるのは素敵なことである。



着付けを覚えるためには、着付け教室に通うのが良い。
教室によってやり方や料金が変わってくるので、通うのに負担がなく自分のペースで覚えられる教室を探すといいだろう。
基本を覚えてしまえば、あとは自分なりにアレンジしたり、着物と帯の合わせ方など洋服と同じようにコーディネートすることもできるので楽しい。
帯以外にも小物や草履、髪飾りなど、和装もたくさんアイテムがあるのだ。
着付けができるようになれば、美容室のお手伝いなどもできるので仕事の幅も広がる。

このサイトについて

本サイトは私千葉 祥が運営する、着付けの情報をご提供するサイトとなります。
このサイトをご訪問いただいたのは着付けの分野に関しての情報が必要だからと思っています。
人からお勧めだと推薦されたHPをメインに掲載もしています。
それぞれが実用的なコンテンツと目的を持ち運営されているホームページなのでぜひご訪問いただければと思います。
なお、オリジナルの情報を多く、そして、わたしの体験に基づいた情報をお送りしています。
サイトの機能追加やコンテンツ増加はこれからも必要な際に行ってまいりますので、
着付けに関するためになる情報を是非とも確認してみてくださいね。
せっかく当サイトにアクセスいただいたので楽しんでいっていただければと思います。

安全な野菜は宅配野菜で!


COPYRIGHT(C)着付けのこと2007-2011. ALL RIGHTS.